外壁塗装の塗料の耐用年数

塗料の耐用年数

 

塗料の耐用年数といえば国の税務に関係するのでかなり実際的な数字がわかると思います。

 

しかしながら個別の塗料に法定耐用年数が決まっているわけではありません。

 

修繕として塗装工事を行った場合に工事費用を耐用年数で割り減価償却する場合はあるみたいです。

 

ただそれぞれの塗料には一般的な期待値としての耐用年数はあるみたいです。

 

それと通常、数年経った家の塗装された塗料は工事の記録を見ないとどんな塗料が使われたのかプロでもわかりません。

 

実際に劣化がわかるのを待つか、シリコン系だと楽天的な解釈をするかです。

 

塗料の種類 期待できる耐用年数
アクリル系 5〜8年
ウレタン系 8〜10年
シリコン系 10〜15年
フッ素系 16〜20年
断熱塗料 16〜20年
光触媒塗料 16〜20年

 


満足度が高い順の一括見積もりのランキングです

ヌリカエ




公式サイトはコチラ>>>

・優良業者を厳選!
・利用者が180万人以上です。
・ヌリカエは外壁塗装業者ではありません。
・利用料金は完全無料です。
・専門アドバイザーが仲介してくれます。
・見積もり後のしつこい営業をシャットアウト
・見積りの算定の根拠がわかります。

外壁塗装の案内所




>>公式サイトはコチラ<<

・優良業者を厳選!
・「外壁塗装の案内所」は外壁塗装業者ではありません。
・利用料金は完全無料です。
・専門アドバイザーが助言してくれます。
・見積りの算定の根拠がわかります。

リショップナビ




>>公式サイトはコチラ<<

・優良業者を厳選!
・リショップナビは外壁塗装業者ではありません。
・利用料金は完全無料です。
・専門アドバイザーが助言してくれます。
・見積りの算定の根拠がわかります。

 

それでいろいろと調べたのですが、外壁塗装の業者を選ぶ時にユーザーの相談にものってくれる無料のサービスがあることがわかりました。


最初から外壁の塗装業者の紹介されるのではなく、まず、塗り替えが必要かどうかの相談にのってくれて、必要があるなら実績のある安心で信用できる外壁塗装業者を複数社、紹介してくれるサービスなのです。



これなら最初から直接、外壁塗装業者に電話して相談するよりも安心だと思いました。


複数社の中から「安心できそうな感じの良い塗装会社」を最終的に自分が選べばよいのです。