外壁塗装 相場

外壁塗装の費用の相場

 

 

外壁塗装は新築後、10年から15年目に行うのが通常とされているみたいです。

 

私の自宅は今年で15年目に入りました。

 

私自身は、これまで一戸建てに住んだことがなかったので、相談する相手がなく、不安な毎日でした。

 

それで自宅の外壁の塗装に使われている塗料の判別方法をネットで調べて見たのですが分かりませんでした。

 

基本的に塗装は固まってしまうとどんな塗料を使ったのかプロの人でもわからないみたいです。

 

通常はシリコン系が多いそうなので、とりあえずシリコンかなということで仮定しました。

 

 

シリコン系なら15年くらいは大丈夫なのだそうです。

 

ウレタンやアクリルなどの耐性が悪い塗料の場合は、劣化が早いのでわかるそうです。

 

 

 

私が困ったのはどこの塗装業者に頼めば良いのかです。

 

あまり業者の人は知らないので、いきなり見積もりをとると不安もありました。

 

なので最初から外壁塗装の業者さんと話すのはチョっと不安でした。

 

それで今回はヌリカエを使いました。

 

 

ヌリカエという会社は、塗装会社との仲介してくれる業者です。

 

費用は無料です。

 

(理由は外壁塗装業者が払うからです。)

 

 

基本的にヌリカエさんは、双方の相談にのってくれるサービスですから安心できました。

 

いきなり業者さんに連絡するよりも、まず相談にのってくれたからです。

 

ネットの一括見積もりと言えば車買取の一括査定が有名ですが、車ほど簡単でないのが外壁塗装です。

 

費用の金額だけではないからです。

 

 

外壁塗装の業者を選ぶ場合は、見積もりの費用面だけではなく、業者の信頼度や実績で選ぶほうが良いみたいです。

 


満足度が高い順の一括見積もりのランキングです

ヌリカエ




公式サイトはコチラ>>>

・優良業者を厳選!
・利用者が180万人以上です。
・ヌリカエは外壁塗装業者ではありません。
・利用料金は完全無料です。
・専門アドバイザーが仲介してくれます。
・見積もり後のしつこい営業をシャットアウト
・見積りの算定の根拠がわかります。

外壁塗装の案内所




>>公式サイトはコチラ<<

・優良業者を厳選!
・「外壁塗装の案内所」は外壁塗装業者ではありません。
・利用料金は完全無料です。
・専門アドバイザーが助言してくれます。
・見積りの算定の根拠がわかります。

リショップナビ




>>公式サイトはコチラ<<

・優良業者を厳選!
・リショップナビは外壁塗装業者ではありません。
・利用料金は完全無料です。
・専門アドバイザーが助言してくれます。
・見積りの算定の根拠がわかります。

何社から見積もり?

何社から見積もりを取るのが良いかを調べて見ました。

 

まずランキング1位のヌリカエさんなら3社くらいを紹介してくれます。

 

少なくなる場合もあります。

 

この3社だけでも良いでしょう。

 

ですが地域性のこともありライバルの他社と競合も同じ顔ぶれになる場合もあります。

 

2位の外壁塗装の案内所、3位のリショップナビなら登録している塗装業者も違ってきますので他流試合になります。

 

見積もりを比較すること同様に一括見積もりのサービスを比較することで相場を割り出してください。

 

最初に一気に申込めば、あとは選ぶだけです。

 

他流試合で「自分の家の相場」を確認してみてください。

 

途中で絞り込んでいけば良いので最初は多くても問題ないでしょう。

 

外壁塗装の相場の費用は一般的な外壁塗装の相場に加えて固有の作業性とか立地条件、気候なども微妙に関係してきます。

 

塗料の人気ランキング

 

最近の主流はシリコン系塗料が人気です。

 

15年近く塗り替えの必要もないというのも人気の理由みたいです。

 

それまで人気があったウレタン系塗料に変わって現在の主流は価格、耐久性の面でシリコン系です。

 

少し費用が高くなりますがフッ素系もだんだん増えてきています。

 

シリコン系
シリコン系塗料

フッ素系
フッ素系塗料

ウレタン系
ウレタン系塗料

塗料は油性or水性のどちらが良い?

 

まだまだ油性のほうが良いと考える人は多いみたいです。

 

昔は水性塗料が悪すぎたからかもしれませんが。

 

しかしながら現在はプロでも水性塗料が主流になってきています。

 

油性塗料は臭いの問題もありますし、職人さんやペットの健康問題、ご近所さんへの臭いの影響など問題を起こす可能性も大きいです。

 

上記のような理由からも水性塗料の方が無難だと言えます。

最安値か相場価格か?

最安値でなくても相場価格も良いものです。

 

一括見積もりで相場の価格でも良いなと私は思いました。

 

それは「安かろう、悪かろう」という言葉もあるからです。

 

安いだけが全てではないと思ったからです。

 

それよりも安心できる良い業者を見つけることができれば最高です。

 

 

塗装する面積の計算

 

外壁塗装の相場の費用を調べて見ましょう。

 

自分で計算して外壁塗装業者の見積価格と比べて見る方法です。

 

こうすることで外壁塗装のことが良くわかると思います。

 

一度、挑戦してみてください。

 

外壁塗装は家の壁の面積を計算することでわかります。

 

メジャーなどで自分の家の計測することから始めましょう。

 

概算ですから、おおよそで構いません。

 

 

家の外周×家の高さ=家の表面の面積

 

家の表面の面積ー窓の面積=塗装する面積

 

塗装する面積÷1坪の面積=壁の坪数

 

外壁塗装の相場

外壁塗装工事(水性塗料)の相場の費用

面積 シリコン ウレタン アクリル
20坪 70万 60万 60万
25坪 80万 70万 70万
30坪 100万 80万 80万

 

支払方法

支払は完成後に支払うのが一番良いです。

 

トラブルなどがあった場合でも支払がすんでいないと強い立場にいることができます。

 

もし塗装作業が始まる前に事前の一括払いキャンペーンがあっても断るべきです。